見直すにはどうしたらいいの? | 生命保険を見直すべきか悩んでいませんか?

生命保険を見直すべきか悩んでいませんか?
Home » 生命保険の見直し » 見直すにはどうしたらいいの?
生命保険の見直し | 06月29日更新

見直すにはどうしたらいいの?

保険を見直す。
口で言うのは簡単ですが、一体どんな事から始めたら良いのでしょうか?

まずは、保険の見直しは今ある生命保険の保険証券を探しての内容確認から開始になります。
保険料の金額は毎月引き落とし等で把握されているかと思います。
保険証券では更新時期や年齢制限を確認します。
何歳までどういった保障があるのか、どういった状態の時にもらえるかの確認をしていきます。

例えば昔の保険ですと、入院の時に出るお金は少額かつ5日以上入院しないとお金が下りず、多くの入院は5日も行かず退院となってしまうため、使いようがない事があります。
また、病気に適用されるはずの保険が、ガン等の三大疾病は特約をつけないとダメなためお金が出ないとかがあります。
その辺りは契約時や見直し時に、説明書をしっかり読んだり外交員さんに質問して把握していきます。

とここまでの話で、そんなの保険証券を見て全部理解できるなら、保険の見直し方法なんて調べない!と思った方も多いかと思います。
保険証券書いてある事全部を見るのは難しいかもしれません。
見直す事を考えたという事は、何かの項目や理由で保障がついているか気になる部分があるかと思います。
ならば、証券でその項目だけまず探してみましょう。

しかし、保険料が更新毎に上がるので、その度新しい契約だと次に入れるかが不安というのがある。
または、保険料も保障も、証券に書かれたものと同等の保障が、今の年齢ではどういう保険金額で入れるのだろうか。
そんな時にはネットで保険を比較できるサイトがあります。
その辺りのサイトで確認してみると分かりやすいです。

また、保険を複数取り扱って、見直しをしてくれるお店も最近ではよく見かけるようになりました。
ファイナンシャルプランナーがいる事もあり、ライフプランに合わせて必要な保険を教えてくれる場合もあります。
そういったお店で一度保険の見直しを相談して、現状の契約がどういったものか説明してもらう事もできます。

まずは、見直しに際しては現状の契約内容の把握が一番かと思います。
自分一人で無理なら、専門家に頼る形で、現状か新規かより良い生命保険を選んでいきましょう。

top