生命保険の種類と効果 | 生命保険を見直すべきか悩んでいませんか?

生命保険を見直すべきか悩んでいませんか?
Home » 生命保険の見直し » 生命保険の種類と効果
生命保険の見直し | 06月29日更新

生命保険の種類と効果

生命保険にはどんな種類があり、どんな効果で助けてくれるのかご存知ですか?
生命保険の種類をおおまかに分けるのであれば、まずは死亡保険と生きている間の保障の二つに分けられます。
さらに生きている間の保障でも目的によって分かれます。
怪我や病気をした時と老後の貯金や年金的なものです。
その中でも目的用途の違う保険がいくつもあります。
それぞれの人の状況や適性もあります。

死亡保険に関しては、代表的なのが定期保険や終身保険と言われるものが、皆さんの一般的なイメージの生命保険だと思います。
終身保険や定期保険の主な役割は、被保険者が死亡した時に多額のお金が入り、遺された家族を支えます。
定期保険には死亡保障だけでなく、貯蓄代わりに解約返戻金を利用する事ができるものもあります。

生きている間の保障で、病気や怪我をした時のものもいくつかあります。
怪我や病気で入院した時に降りる医療保険もその一つです。
ただ、ガン保険や傷害保険も同様ですが、これらは適応される疾病がガンだけであったり、怪我だけの保障とかが決まっています。
また、怪我や病気で働けなくなった時のための所得補償保険もあります。

生きている間に使う目的で、老後や目的があっての貯蓄の目的の保険もいくつかあります。
学資保険や年金保険、養老保険がその種類になります。
将来に備えた貯蓄性の高い終身型有期型の変額保険は、株式等の運用実績に応じて受け取れる保険金額や返戻金は変わります。
ただ、増える場合もありますが、減る場合もあるので注意が必要です。
これらの保険は、貯蓄の意味もありますが、契約者が死んだ時は死亡保障の代わりにもなります。
貯蓄目的の保険に関して気をつけたいのが、元本保証がないものもある事です。
特に運用実績に影響される変額保険の類は、リターンが確約されていないのでどの保険でも説明はよく聞くようにしてください。

単体での保険も色々ありますが、医療保険と死亡保険等を組み合わせた保険商品も多くあります。
目的と支払える保険料の限度、自分の適性を考え、自分や家族の生活に効果的な保険を選んでいきましょう!

top